img_3870

 

昨日、たまたまテレビを見てたら、なんか見たことのある人が。

以前、靫公園の前にあった「ブランジュリ タケウチ」というパン屋さんのタケウチさんが出てました。

昔、そのパン屋さんが大好きで、よく通っていたので懐かしくて思わず見入ってしまいました。

ファンだった方も多いのでは・・。

新しいお店は、パンへのこだわりがさらに濃くなってて、ぜひ食べてみたくなりました。

「ブランジュリ タケウチ」のパン

私もパンが小さい頃から大好きで、広島から大阪に出てきた時、

市内にある、いろんなパン屋さんを自転車でまわりました。

 

大阪市内は、ほんと素敵なパン屋さんがいっぱいで

「ブランジュリ タケウチ」もその1つでした。

 

でも、ここは、そのなかでも別格だった記憶があります。

どのパンを見ても「この組み合せ夢みたい!」って買いたい衝動にかられました。

そして、実際すごく美味しい。

 

こじんまりした店なのに、いつも行列で警備員さんがいたりして、

タイミングが合わないとなかなか買えない、すごいパン屋さんでした。

 

そのパン屋さんが、急に閉まったので、次どこでされるんだろうって思っていたら、

昨日、このテレビで、新しいお店が紹介されてました。

 

今年の1月に西宮の山の方に『生瀬ヒュッテ』っていうパン屋さんを開いたそうです。

なんと完全予約制!

電話予約だけなので、「1000回電話してやっと来れましたぁ」なんて人もテレビに映ってました。

とんでもないお店ですね。

 

でも、テレビの中でタケウチさんが言っていた言葉が印象的でした。

 

「パンは、ぼくのすべて」

「パンだけは、誰にも負けたくない」

 

意外でしたが、

小さい頃から、なにも取り柄のなくて、学校も登校拒否になりがち。

お金持ちになろう!と目指したパン屋で、それを達成したけれど、満足いかず。

本当にやりたいのは、お金持ちになることではなく、「誰にもできないパンをつくることだ」って気付いたそうです。

 

だから、全国のパン屋さんで1位の評価をうけて、1日100万の売り上げがあったのに、

そのパン屋さんを閉めて

「もっと本当に自分が作りたいパンを作ろう」と、今のお店に行き着いたそうです。

 

「パンは、ぼくのすべて」って、言えるタケウチさんが素敵だなぁって思いました。

 

私も、「足指からひとを幸せにする」サロンをやっていますが、

もっともっと、こだわっていきたいなあって思いました。

凄いひとっているもんですね。

ひさびさに良いテレビを見ました。

 

たまたまですが、サロンにもタケウチさんが書いた本を置いてます。

良かったら手に取ってみてくださいね。

 

サトコでした。