こんにちサトコです。

今日は冷えと靴のお話です。

 

靴選びは、実はすごくからだと関係しています。

間違った靴を履きつづけていると

それが冷えや不調の原因になっている場合があります。

 

正しい靴を履くことは、

それを改善する方法の1つです。

■まちがった靴を履き続けると‥

みなさんは靴を選ぶ時

どんなことに気をつけますか?

 

デザインですか?

色とか形ですか?

 

私もずっとオシャレかどうかで、

選んできました。

 

でも、まちがった靴を選んで履き続けると

身体にものすごくよくないと知ってから、

その考え方を変えました。

 

実は、靴の選び方と体の不調は、

思っている以上に関係しています。

 

合わない靴を履き続けると

一番良くないのは、

足指がゆがんでしまうこと。

 

この小さなゆがみが、

からだのゆがみにつながって、

体の痛みや冷えなど

からだによくない影響を与えます。

 

なかなか気づきにくいことなので、

気づけた人はラッキーです。

■足指のゆがみが身体のめぐりをわるくする。

足指のゆがみは、

さまざまな身体の痛みにつながります。

腰痛、肩こり、頭痛、O脚、骨盤のゆがみ・・。

こういう症状は、足指のゆがみと関係しています。

 

さらに、そのゆがみは、

全身の血のめぐりもわるくします。

それが体の冷えの原因です。

 

まちがった靴で、

足指がゆがみ、

それが、冷えをおこします。

 

冷えや、身体の不調などでお悩みの方は、

自分の履いている靴を疑ってみると

いいかもしれません。

 

もし無理して履いている靴があるなら

思い切って捨ててしまいましょう!

不調の原因はその靴かもしれないので。

■正しい足指の姿

正しい足指とは、

足指がまっすぐ伸びている姿です。

 

足指は、靴下や靴に毎日おおわれていて、

ふだん意識する人が少ないかもしれませんが、

足指は体を支える

とても重要な箇所。

 

足のサイズより小さい靴や、

逆に大きい靴。

クッション性の高くて一見足に優しそうなやわらかい靴。

 

こういう靴を履いていると、

足の指が変形します。

 

一度じっくり自分の足指を見てみましょう。

 

足の指が曲がったり、

浮いたりしていませんか?

まっすぐきれいに伸びた足指になっていますか?

■からだの冷えを改善する正しい靴選び

まっすぐ伸びた足指にするには、

正しい靴選びが必要です。

 

大きすぎて、

靴の中で足指がすべったり、

足指が自由にならない靴ではなく、

しっかり足指が使える靴を選びましょう。

①ひもを通す穴が5つ以上ある、ひも靴タイプ

しっかりと、

甲やかかとを固定できるひも靴タイプが最適。

 

甲とかかとが固定できないと、

足指に力が入り足指の変形につながります。

②かかとがしっかりしている靴

かかとが柔らかい靴だと、

靴の中でかかとが安定しないので、

足指がすべってしまいます。

かかとがしっかりしているタイプの靴を

選びましょう。

③簡単にねじれない靴

足指で踏ん張れない人が、

柔らかい靴を履くと足が曲がってしまいます。

簡単にねじれない靴が良いです。

④靴の中で足指がうごく靴

足指の筋肉を鍛えるためにも、

靴の中で足指が動きやすい靴を選びましょう。

ブカブカすぎても、

窮屈すぎてもダメ。

 

靴のつま先部分に、

指一本分くらい余裕を持たせるのがポイント。

 

足指が自由に動くことで、

足指を鍛えることができます。

 

とはいっても、オシャレな靴も履きたいし、

仕事で履く靴が決められていることもあります。

 

そんな時は、メンテナンスシューズとして、

ひも靴を1足用意して、

ふだんはこの靴を履いて

足をメンテナンスしましょう。

 

靴選びは、

健康やキレイをキープして暮らすためにも

慎重に選びたいものです。

 

特に、足指のゆがみで、

しっかりと地面に足指がつかない方は、

足指がしっかり使えず、

これが、からだの冷えや不調につながります。

正しい靴選びを意識してみましょう♪

 

サトコ