柿

 

こんにちは。

昨日の「焼きみかん」にはまってしまい、

今日も焼いてしまいました(笑)

今日は柿。

 

冬は、みかんと柿は、よくもらいます。

柿を焼くと、甘みが増して、

ちょっと上品なスイーツのような味になりました。

 

柿

 

焼いたのは、奈良の西吉野の柿。

大阪だと奈良の柿は有名。

柿は何かと送ってもらえる冬の定番。

 

私は固い柿が好きだけど、

子供は熟したやつが好み。

 

柿も焼く発想はなかったけど、

やっぱり甘みが増すし、

栄養価も上がるそう。

 

■とろとろになる「焼き柿」の作り方

柿

 

柿のへただけ取って八等分します。

皮も食べられるので、

そのまま残します。

 

あとは、切って焼くだけ。

簡単♪

 

今日は、くし型切りにしたけど、

もう少し薄く切っても良いかも。

もっと、とろとろしそうな気がする。

 

柿

 

焼くのはトースターとかグリルとか。

結構火が通るのに時間がかかるので、

この切り方だと20分くらい。

 

柿

 

焼けると、柿じゃないみたい。

ちょっと焼き芋のような香りがします。

 

焼くと中から、汁がでてきて、ふつふつ。

ジューシーになって、つやつや。

こんなの見たらもう、

なんでも焼きたくなるわぁ。

 

柿

 

柿を焼いただけなのに。

なんかちょっとした料理みたい。

 

「焼きみかん」もそうだけど、

柿も甘さがぐっと増しますね。

すごくおいしいです♪

ちょっとしたデザートの甘さ。

それも上品で高級な。

 

香りは、ちょっと焼き芋っぽいけど、

柿の味。

皮も違和感なく食べられます。

 

焼き柿は、皮も含めて上品なスイーツに。

このまま食べても良いけど、

焼いた柿は、

生ハムとか、アイスとかクリームチーズとか。

色々乗せて食べてもいけそうです。

 

身体が冷えやすい女性は、

くだものをそのまま食べるんじゃなくて、

焼いてみる。

焼き柿もなかなかのお味でしたよ♪

 

サトコ