手

 

こんにちは。最近雨が多いですね。

お洗濯に困る今日この頃です。

アロマセラピスト、カラーセラピスト・・。

世の中にはいろんなセラピストがいます。

私もそのセラピストのひとり。

セラピストに必要なものって何でしょうか。

■セラピストには技術より大切なものがある。

セラピストとは、セラピー(治療、療法)を

行う人のことを言います。

 

私も長くアロマセラピーのお店で働いていたので

アロマセラピストでした。

 

今は、リフレクソロジーをしているので、

リフレクソロジストです。

 

ただ、リフレクソロジーという技術を使ってセラピ―する

セラピストでもあります。

 

技術はもちろん必要です。

でも、技術より大切だと思うものがあります。

■セラピストに必要なもの。

アロマセラピスト、リフレクソロジストなどのセラピストにとって

一番大切なものって何だと思いますか?

 

施術の技術?

これ大事ですよね。

技術。

技術が未熟なお店では、お客さまを満足させられません。

 

知識?

お客さまの身体を扱うのお仕事なので、

身体の仕組みを理解していないと効果も出せません。

 

カウンセリング力?

これも大事。

お客様がいったい何に困っているのか?

それを把握する力も必要です。

 

どれもセラピストにとって大切な要素。

でも、もう1つ私が大切だと思うものがあります。

■セラピストにとって技術より大切なもの。

もっと大切なもの・・。

私が思うのが、

「手のぬくもり」です。

 

もっと言うと「温かい手」

 

身体を触るセラピストとして、

温かい手は何より大切だと思っています。

 

「手当て」という言葉があります。

何もしなくても手を当てているだけで、

その痛みが消えたりするのです。

それには「温かい手」が必要だと思います。

■冷たい手ではお客様をいやせない。

私も大手サロンでアロマセラピストとして

働いていた頃、

この手の冷たさに悩みました。

この頃は冷え性でしたし・・。

 

特に朝一番のお客様の時などは、

お客様から見えないところで必死に手を温めたり・・(笑)

 

そんなこと思いませんよね・・。

まさか必死で手を温めているとは。

 

今思うとまだまだ若く、

セラピストとして未熟でした。

 

小手先で温めた手では、

本当の意味でお客さまを癒すことにはならないから。

 

でも私がそうだったように、

手が冷たいセラピストは実は意外と多いんです。

■温かい手がお客様を満足させる。

いつも温かい手でいるには、

自分が健康でないといけません。

 

自分のその時の状態がが現れるのが「手」

 

だから、自分の身体を管理できているセラピストの手は温かい。

 

この手で施術されるからこそ、

お客様を癒したり、

不調を改善できたりできるはず。

そう思っています。

 

人のことを癒したい、

治してあげたいと思っても、

自分の身体のことは、二の次に・・。

 

私も長く冷え性だったので、

放っておくと手先は冷たくなりがち。

 

自分の身体の管理が出来ているからこそ、

お客さまを満足してあげることができる!

 

真のセラピストの道は「温かい手」から。

手が温かいって素敵です。

 

サトコ

★Facebook
わたしのFacebook お友達申請歓迎です♪

ユビカラのFacebookページよろしければ「いいね!」お願いします♡

★サロンについて
サロンのご予約はコチラです♡

・しっかり90分コース

・基本70分コース

・妊活70分コース

・8回セットコース(週1回ペース)

・サロンの技術を学べるスクール講座(準備中)

★ブログ
『おとな女性が足ゆびから幸せになるユビカラのブログ』