こんにちは。

今年の初詣は、京都伏見稲荷大社。

人が多くて大変だったけど、

千本鳥居はやっぱり素敵でしたね。

 

ついでに「すずめ」の焼き鳥も・・。

まだまだ食べたことがないものってあるものですね。

幻想的な千本鳥居。

 

一度だけ来たことがある伏見稲荷大社。

でも正月に来るのは初めて。

 

お正月3日目だけど、

人の数がもうスゴいです。

 

こんなに人が多い初詣は生まれて初めてかも・・。

 

お正月にココに来るのは、

かなり覚悟した方良さそうです。

 

特に、小さい子供をつれてると、

本殿へのお参りは諦めた方がいいかも。

 

お参りする列が凄すぎで、難しそうです。

 

早々に千本鳥居の列に方向転換。

千本鳥居ならなんとか大丈夫。

なかなか進まないけれど・・。

 

IMG_6467

 

千本鳥居は、

外国人観光客が日本で訪れたい場所1位だそうです。

 

確かに赤い鳥居が千本も並ぶ景色は、

説明の必要がないくらい、幻想的。

 

人が多くてなかなか前に進めないけれど、

それでも千本もある鳥居を通ったあとは、

身も心も清められた気がします。

 

外国人が来たいのがわかりますね。

伏見稲荷名物「すずめ」の焼き鳥を初めて食べました。

伏見稲荷大社

 

そして、ここ伏見稲荷の名物は焼き鳥。

それも「すずめ」!

せっかくなので、挑戦しました。

 

その焼いてる姿がもう「すずめ」そのもの。

絶対無理っていうひともいるでしょうね。

 

伏見稲荷大社

 

食べたお店は、稲福っていうお食事処。

国産冬すずめ 1串600円

小さい割に結構値段もするし、

寒すずめって何でしょう?

不思議なことだらけ。

 

伏見稲荷大社

 

出てきたのがコレ↑

あまりに「すずめ」すぎて、

どうしたものか悩みます(笑)

 

お店の人の話では、

頭から足先の骨まで全部食べれるそうです。

ウソでしょ!?って感じ。

 

それでも思いきって食べてみた感想は、

なんて言うか、さわがにみたい。

 

くしゃってした骨を食べてる感じ。

 

でもその骨が、

口からなかなか消えないから、

どう処理したら良いのやら・・。

 

結局出しちゃいました。

 

味は悪くないんだけど、

骨の具合が何とも言えず、

完食できず。

 

まだまだ食べてないものって、

色々あるもんだなって、

新年早々良い経験でした。

何ごともチャレンジですね♪

 

サトコ