お灸

 

こんにちは。

たまにお灸します。

特別なのではなく、

薬局でうってる、せんねん灸。

 

けっこう体も温まるし、

あの刺激がなかなか気持ちいい。

 

以前、漢方薬局で冷え体質の改善に、

漢方薬とお灸を出してもらったのが、

きっかけなんですが、

 

漢方薬は、1か月ほどで断念。

その点お灸は、手軽なのでおすすめです。

 

からだにあるツボに、

お灸をすると、

温まったツボから、

身体に熱が伝わって、

血行や血の巡りがよくなります。

 

つづけると、

冷え性にも効果があると言われています。

 

実際に熱くなるので、分かりやすくて、

その熱さに結構ハマります。

初めは、ちょっと熱く感じるかもしれませんが・・。

 

ハマるとちょっと癖になるお灸。

薬局で市販されているおなじみ「せんねん灸」の

使い方を紹介します。

 

 

お灸

 

 

「せんね灸」は、火をつけるタイプ。

私もこのタイプしかしたことがないですが、

今は、火をつけないタイプのお灸なども売ってます。

 

もうひとつ人気がないのは、

みなさん、ものすごく熱いと思っているからでしょうか・・・。

お灸を据えるという言葉があるくらいだし。

 

でも全然大丈夫。

初めは少し熱く感じるかもしれませんが、

慣れてくるとそれが癖になってきます。

内側までじんわり温まるのがわかってきます。

 

■冷え性におすすめのやり方

お灸

 

使い方は簡単で、

台のシールをはがし、

火をつけてツボに張るだけ。

 

貼るまえに、ペンなどで印をつけておくと、

貼りやすいかもしれませんね。

少し煙が出るくらい火がつけばOKです。

 

冷え性におすすめのツボは色々ありますが、

初めは足から始めた方が良いかもしれません。

上の写真は、足三里というツボ。

 

ひざの外側の斜め下のへこんだあたりです。

押すと少し痛みがあります。

ここは胃腸の不調やむくみにもいいいですよ。

 

他にもお腹のおへそ周りのツボも

冷え性に効果があります。

 

冷えたと思ったら、

ぜひ一度試してみてくださいね。

 

サトコ