スキンケアとシャンプーをやめて、そろそろ1ヶ月半になります。

小さな問題は色々あるけれど、

今のところ特に大きな問題はなし。

それより、髪もお肌も良くなる予感がしています。

今は、「はじめる」より「やめる」方が、

キレイになれるようですよ。

■キレイなひとがやめていること。

「綺麗なひとはやめている。」という本を読みました。

共感できるところが多い本でした。

 

キレイの基準は、人によって違うけれど、

女性は、誰でもキレイになりたいですよね。

 

だから、お肌や髪のケアみたいに、

あれもこれもと、

色んな化粧品やトリートメントを始めてしまう。

 

でも、本当に大切なのは、この本にも書いてあるとおり

「美容も健康も健やかな心と体があってこそ」です。

 

そのためには、「はじめる」より

「やめる」なんですね。

■「綺麗なひとはやめている。」の「やめる」基本

・冷たい水をやめる。

・泡洗顔をやめる。

・化粧水をやめる。

・ファンデーションをやめる。

・ヘアジェルやヘアムースをやめる。

・シャワーで済ますのをやめる。

・サンダルをやめる。

・勝負下着をやめる。

・冷たい果物をやめる。

・起き抜けのコーヒーをやめる。

・ふらふらとコンビ二に行くのをやめる。

・スイーツをやめる。

・牛肉をやめる。

・お酒をやめる。

・タバコをやめる。

 

どうですか?

この中でやめてるもの、ありますか。

 

タバコとかお酒とか、

良くないものってイメージがあるものは、

分かりやすいかもしれません。

 

でも、泡洗顔とか化粧水、冷たい果物とか・・。

こんなものも「やめること」に入っています。

「えー」って思いませんか。

■「はじめる」より「やめる」でキレイを目指す。

私は、低体温をなおすために、見直した習慣が、

この中にいくつか含まれていました。

 

体を冷すから、冷たい水はやめたし、

体を温めるのに効果的だから、

シャワーじゃなくて、

できるだけお風呂にしっかり入ります。

 

冷たい果物や毎朝のコーヒーとか、

大好きだったスイーツも、

体を冷すもとだから、

なるべく控えるようにしています。

 

それに最近は、化粧水やシャンプーもやめました。

これをすること自体、

お肌や髪を悪くしているのが分かったので・・。

 

ただ、あれもこれもやめたって言うと

ストイックすぎるって思われそうですが、

まったくそうではなくて、

 

やめてみると、

その方が楽だってことも多いです。

 

実際にやめても、まったく支障ないし、

それよりも、冷え性が改善したり、

便秘が治ったり、

お肌が良くなったり、

体が良い方向に向かいます。

 

キレイになるために大事なのは、

自分の体が本来持っている機能が

きちんと働くように、

血液の循環が良い体をキープすること。

 

これが体やお肌をキレイにしてくれます。

 

「はじめる」より「やめる」は、

キレイになるために必要なこと。

 

キレイを目指すなら、

なにか1つでもやめてみませんか?

 

サトコ